中高年転職・再就職に成功する術

*

中高年転職5つの手順

 将来のスキルアップのために、定年まで働けて今までの経験を活かせる仕事をしたい…様々な気持ちで転職を目指す中高年層の方が増えています。それでもやっぱり仕事を辞めるというのは不安なもの…。転職活動におけるポイントを押さえ、自分が活躍できる職場を目指しましょう!

転職前に譲れない条件を決めておく

 今まで長く働いてきた職場を辞めて次に進むというのは、中々勇気のいることです。ですから転職を考えた時点で後悔しないように、自分の中での譲れない条件を設けておくといいでしょう。給与面だけではなく、仕事内容もしっかり確認しておくことが大切です。


【参考記事】
計画作成から始まる転職活動
市場価値と転職活動を考える
転職活動開始時期決定は冷静に
中高年の転職と体調管理方法

経験を活かせる求人を探そう

 中高年の転職では、基本的に即戦力としてのスキルを求められます。未経験でもいけないわけではありませんが、少ない求人に自分と同じように経験値の高いライバルが集まることを考えると、できるだけ前職までの内容を活かせる仕事を探すのが狙い目です。


【参考記事】
上手な求人情報媒体の選び方
転職エージェントがしてくれること
中高年でも使える転職サイトのスカウト機能

空欄の無い応募書類作成

 履歴書や職務経歴書の内容が常識的であることに加え、重要なのが「空欄」がないことだと言われています。会社から見ればスキルがあることは職務経歴書を見ればわかりますから、気になるのはその人の内面です。趣味や特技欄もきちんと埋めるようにしましょう。


【参考記事】
中高年の職務経歴書の書き方
中高年の履歴書の見られるポイント
気を付けたい職務経歴書のフォーマット

面接は笑顔を忘れずに!

 履歴書と同じく、面接でも自分の内面をどんどんアピールすることをオススメします。確かにスキルを知ってもらうことも大切ですが、それ以上にこの人と一緒に働きたいと思わせるものが必要です。確かに面接と言うのは緊張するものですが、笑顔を忘れず面接官に話を振られた時は多少趣味の話などもできるようにしておきたいですね。


【参考記事】
中高年が忘れがちなマナーとは
熱量だけでは物足りない志望動機
知っておきたいダメな逆質問

スムーズな退職を心がける

 次の職場が決まったら、綺麗に退職できるように準備します。仕事の引き継ぎや必要書類など、細かな部分まで忘れないように気を付けましょう。ここまでのポイントをしっかり押さえ、スムーズに退職から転職まで動けるようにしましょう。


【参考記事】
しっかりとした計画から生まれる円満退職
ベストな退社の挨拶とは
入社の挨拶は新入社員の気持ちで
その転職に「失敗」を感じた時に「考えたいこと」と「実践してみたいこと」
中高年層ならできるはず|これだけは押さえておきたい入社後の注意点

公開日:
最終更新日:2015/12/02