中高年転職・再就職に成功する術

*

上手な求人情報媒体の選び方

   

求人情報媒体とそれぞれの特性を知ろう

 転職エージェント、ハローワーク、新聞の求人広告、フリーペーパー…。もちろんこれらだけではない求人情報媒体。中高年の中には、近年急激に数が増えたことで選ぶべき媒体が見えなくなり、これの選択時点で頭を抱えてしまう人もいるかもしれません。いきなりどの媒体を選択するのかを決めるのではなく、とりあえずそれぞれの特性を把握しましょう。

 それぞれの媒体はどのようなサービスを提供しているのか。他の媒体にはないサービスや情報は何か。お金はかかるのか、それとも無料なのか。気軽に情報を手に入れられるのかどうか。情報量はどうか。更新頻度は?

 それぞれの媒体を並べてみて、こうしたサービスや特徴を比較してみることで、使うメリットの大きい求人情報媒体が見つかるはずです。

媒体は同じでも異なるサービス

 求人情報媒体を選んだからといって安心はできません。ひとつ覚えておきたいのは、同じ媒体でも、運営会社やサービスが異なればその質や使い勝手、情報量や情報そのものの質も異なってくるということ。パン屋さんでも人気のパン屋とそうでないパン屋、自分が美味しいと思うパン屋とそうでないパン屋があるのと同じ。転職求人サイトにもそれぞれ長所・短所があり、自分との相性の合う合わないがあるのです。

 それぞれの媒体の特性を理解したら、今度はその媒体に分類されるそれぞれのサービスを比較検討し、あるいは実際に利用しながら、自分に利をもたらしてくれるサービスを見つけるようにしましょう。



【関連記事】
転職エージェントがしてくれること
中高年でも使える転職サイトのスカウト機能

 - 求人情報

  関連記事

中高年でも使える転職サイトのスカウト機能

スカウト機能は登録内容が鍵  転職サイトのひとつの重要なサービスともなってきたス …

転職エージェントがしてくれること

転職全てに重宝する転職エージェント  転職活動は、しなければならないことがたくさ …