中高年転職・再就職に成功する術

*

中高年の職務経歴書の書き方

   

即戦力であることをアピール

 職務経歴書、これは履歴書よりも重視する企業が多いようです。転職ですから当然と言えば当然ですが、企業は転職者に即戦力を求めているわけです。学歴、資格、自己PR、スキル、こうしたものは職務経歴書を見れば大体掴むこともできます。そのため、職務経歴書で表現されるこれまでの仕事への取り組み方や実績という面が大きな判断材料となってくるでしょう。

 中高年の転職希望者は若い人のように育ててもらうことは期待できず、というよりもそれを求めてはならず、即戦力として貢献できる人材であることをアピールするのが正しい職務経歴書書き方となります。人事担当者がこの書類でそれを読み取れるか、ここを意識した書き方を実践しましょう。

まだまだ成長が見込めることをアピール

 育ててもらうことは期待もできないし求めてもいけないと書きましたが、自ら成長する意欲と伸びしろがあることはアピールした方がいいでしょう。職務経歴書書き方の形式的書き方以外の要素として、これはとても重要です。

 新しい環境に飛び込むことであらゆることを吸収することができ、それをアウトプットすることも可能である。当然、企業のあらゆる点に寄与する、といった内容でまとめることができれば、例え年齢にハンデがあろうとも、「一緒に働いてもらいたい」と思ってもらえるはずです。



【関連記事】
中高年の履歴書の見られるポイント
気を付けたい職務経歴書のフォーマット

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

af9970003937l[1]
中高年の履歴書の見られるポイント

企業が気にする転職回数と職歴  履歴書の見られるポイントは、企業や職種はもちろん …

気を付けたい職務経歴書のフォーマット

中高年は枚数にも気をつけよう  職務履歴書のフォーマットは、基本、A4用紙の大き …