中高年転職・再就職に成功する術

*

入社の挨拶は新入社員の気持ちで

      2015/12/02

初々しさで好印象に

 新しい環境に足を踏み入れることは、誰にだって不安が伴います。若ければ期待も大きいでしょうが、中高年ともなれば不安の方が大きくても不思議ではありません。それでも、入社の挨拶には初々しさを出したいものです。貫禄を見せるのもいいですが、新参者には変わりないわけですから、初々しさで年齢の割りに若い印象を、そして、「なんだか取っ付きやすそうな人だな」といった好印象を同時に与えてしまいましょう。

 初々しさは元気よく挨拶すること、笑顔で挨拶すること、これで表現できます。頭もしっかりと下げ、謙虚な姿勢で伝えれば、非常に良い印象のまま新生活をスタートさせることができるはずです。

中高年らしい自信もちらつかせてみよう

 しかし、初々しさだけでは少し物足りないのかもしれません。挨拶の文言には、中高年らしさも盛り込んでおきたいところ。例えば自信。これまで働いてきたことを自負とし、それを堂々と新しい環境で発揮したいということを伝えれば、非常に説得力のある挨拶となるでしょう。これは若い人にはできないことですから、自慢や過信になってはいけませんが、是非取り入れてみて欲しいものです。

 中高年の転職者は、若い人のように「いろいろと教えて欲しい」というだけではなく、「一緒に作り上げていこう」という挨拶を意識した方がいいかもしれません。気持ちは新入社員のように、しかし、中身は中高年の良さを出すことを心がけてみましょう。



【関連記事】
しっかりとした計画から生まれる円満退職
ベストな退社の挨拶とは
その転職に「失敗」を感じた時に「考えたいこと」と「実践してみたいこと」
中高年層ならできるはず|これだけは押さえておきたい入社後の注意点

 - 退職・入社

  関連記事

ベストな退社の挨拶とは

気持ちのこもったお礼を忘れずに  挨拶というのは、それがどんな場であれば、気持ち …

中高年層ならできるはず|これだけは押さえておきたい入社後の注意点

アピールは新天地での結果で  転職者も再就職者も、過去に何かしらの実績はあると思 …

しっかりとした計画から生まれる円満退職

円満退職のスケジュールとは  どのタイミングで何をどうすれば円満退職となるのか、 …

その転職に「失敗」を感じた時に「考えたいこと」と「実践してみたいこと」

割り切れるなら割り切りましょう  転職したことが失敗だったと感じた時、すぐに後悔 …