中高年転職・再就職に成功する術

*

気を付けたい職務経歴書のフォーマット

   

中高年は枚数にも気をつけよう

 職務履歴書のフォーマットは、基本、A4用紙の大きさとなります。それを何枚用意するべきか、これも注意したい点。中高年の場合、職歴が多くキャリアも多彩になることが多いため、その全てを書いていたら枚数がいくらあっても足りません。

 また、できるだけ企業にアピールしたいという思いが先行し、やはり枚数を多く用意してしまうことがあります。これはアピールどころか、マイナスポイントとなってしまうので気を付けましょう。

 職務履歴書の枚数は、2枚程度にまとめておいてください。それで収まらなかったとしても、最高で3枚まで。それ以上になると読む方は疲れ、職歴をまとめる能力が欠乏していると判断されてしまいかねません。

内容と同時にレイアウトにも要注意

 職務履歴書のレイアウトを気にして作成しているでしょうか。フォーマットとは、単純に形式だけではなく、こうした見た目の部分も含まれます。見出しをつけるだけでも印象は変わるでしょう。その見出しの文字の大きさを変える、下線を引く、その他目立つような工夫をするなどだけでもレイアウトにメリハリがつき見やすくなります。

 枠線を引いたり箇条書きにしたり行間を空けたり、他にも書き出しの位置を気にし、余白を取るなどの工夫をすれば、相当スッキリと目が通しやすい職務履歴書となるでしょう。



【関連記事】
中高年の職務経歴書の書き方
中高年の履歴書の見られるポイント

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

中高年の職務経歴書の書き方

即戦力であることをアピール  職務経歴書、これは履歴書よりも重視する企業が多いよ …

af9970003937l[1]
中高年の履歴書の見られるポイント

企業が気にする転職回数と職歴  履歴書の見られるポイントは、企業や職種はもちろん …