中高年転職・再就職に成功する術

*

知っておきたいダメな逆質問

   

調べればわかることは聞いたらダメ

 逆質問は、今やどこか面接のキーポイントと言われることも多くなってきています。これにはどこか不自然さを感じる次第。ここで一発逆転などと考えない方がいいのかもしれません。中高年であれば尚更のことで、そうした、「逆質問で逆襲」のような考え方は、若い人に任せておきましょう。

 しかし、逆質問は必ずしておかなければなりません。その時に、ちょっと調べればわかるような質問は絶対に避けてください。企業理念、業績、商品・サービスなど、これらを逆質問で聞いたら、その時点でアウト。企業リサーチ不足だと判断されてしまうでしょう。

待遇や条件ばかりの逆質問はダメ

 待遇や条件について聞いてはいけない、というルールはありません。求人にそれが記載されていなければ、面接では当然聞く権利が生じます。しかし、それに終始する、あるいはしつこく何度も聞く、これはNGな逆質問です。

 企業としては、待遇や条件以上に、企業に魅力を感じ、商品に魅力を感じ、理念に賛同できるからこそ入社して欲しいと思うもの。それが逆質問で待遇・条件ばかりの質問をしていては、それありきの応募だったのかと判断されてしまいます。ボーナス、有給休暇、福利厚生、転勤について、その他手当について…。これらは聞きたくても堪えましょう。内定が貰えれば雇用契約書などで確認できるわけですから、貴重な逆質問の場で聞くことではないのです。



【関連記事】
中高年が忘れがちなマナーとは
熱量だけでは物足りない志望動機

 - 面接対策

  関連記事

熱量だけでは物足りない志望動機

積極的、且つ、相性を感じさせる志望動機を  前向きで、前のめりな志望動機を目指し …

中高年が忘れがちなマナーとは

面接での言葉遣いは丁寧に  面接のマナーは、例えば箇条書きにすればとんでもない数 …