中高年転職・再就職に成功する術

*

転職活動開始時期決定は冷静に

      2015/09/03

こんな人は在職中の転職が向いています

 自らの市場価値が高いと自信を持って言える人は、在職中の転職が向いているでしょう。市場価値が高ければ時間や労力の浪費を押さえていても、転職先が見つかる可能性が高いからです。転職することに周囲は反対だ、そんな人も在職中の転職が向いていますし、貯蓄がなく経済的な余裕はまだない、という方も転職は在職中に行った方がいいでしょう。

 在職中・退職後、どちらに転職を行うかは、他にもこんな状況で決めることができます。

 転職はしたいが、目的がハッキリと見出せない。業界や職種がまだ決定していない。退職できるかどうか不透明。こうした状況にいる人は、仕事を完全に辞める前に退職活動を始めるのが良策でしょう。

こんな人は退職後に転職を

 在職中・退職後、転職はどちらで行うべきか、今度は退職後の転職に向いている人をピックアップ。

 ある程度の経済的余裕があり、周囲もしっかりと支えてくれる、そんな環境が整っていれば転職は退職後でも問題はないでしょう。いろいろな作業を同時進行でできない人は、退職してから転職活動に集中した方がいいのかもしれません。既に転職するための目的や、どんな業界に転職すべきか明確になっている人も、辞めてから活動を始めた方がスムーズなのかもしれません。

 今の会社にそのままいたら何かしらトラブルが起きそうだ、と感じる人は、あまりポジティブな理由ではないですが、会社を辞めることを優先し、退職後の転職に向いていると言えそうです。



【関連記事】
計画作成から始まる転職活動
市場価値と転職活動を考える
中高年の転職と体調管理方法


 - 転職の準備と進め方

  関連記事

市場価値と転職活動を考える

市場価値が上下するポイント  市場価値の把握・認識は、就職活動時よりも重要になり …

計画作成から始まる転職活動

まずはスケジュール確認を  計画とスケジュールは、似て非なるものと考えておきまし …

中高年の転職と体調管理方法

食事・睡眠・運動の習慣を見直す  中高年が転職先で成功するためには、心身共に健康 …