中高年転職・再就職に成功する術

*

中高年層ならできるはず|これだけは押さえておきたい入社後の注意点

   

アピールは新天地での結果で

 転職者も再就職者も、過去に何かしらの実績はあると思います。それを引っさげて転職活動に臨むと思いますが、仮に転職に成功したとしても、入社後、その過去の何かしらの実績をアピールすることは控えなければなりません。

 新しい会社で認めてもらうにはアピールは必須。しかし、アピールする材料は過去の実績ではなく、新しく入社した会社で残した結果や成果などの実績とするべきなのです。過去の実績をアピールするのは入社後ではなく入社前の採用段階まで。入社後にそれを自慢するようであれば、きっとあなたに味方はできず、ひとりぼっちで仕事をすることになるでしょう。

常に笑顔・柔らかい表情で

 中高年になると、それまでの人生によって顔の表情がある程度形作られてきます。良い表情になっていればいいのですが、転職したり再就職したりする人の中にはどうしてもネガティブな感情や苦しい環境によってそうせざるを得なかった人もいるはずで、もしかしたら厳しい表情で固定化されてい人もいるかもしれません。

 それでも、入社後はできるだけ笑顔でいたり、柔らかい表情を意識して働き、あるいは人と接するようにしてください。

 信用されるかどうかは、表情だけでもだいぶ違いが出てきます。また、表情が良ければ、仕事で認められるよりも時間をかけずに職場に溶け込むことができるはず。表情を明るくしておくことは、あなたが思っている以上に大きなメリットをもたらしてくれるのです。

自ら相談すれば信頼度もアップ

 わからないことがあった時だけではなく、何かと他者に相談することを心がけましょう。

 誰かに積極的に相談する人は、その誰かからも相談相手として選ばれやすくなる傾向があります。相談された方は自分が信頼されていると感じるわけですから、相談者に好感を持ち、やがて自らもその人を相談相手として選んでしまうのです。

 つまり、誰かに積極的に相談する行為こそが、信頼を呼び込んでくれるということ。仕事で結果を残すことも必要ですし笑顔で接することも重要ですが、それらに加えて自ら相談することでも自分に良い印象を持ってもらい、入社後の働き易さをさらにアップしておきたいところです。



【関連記事】
しっかりとした計画から生まれる円満退職
ベストな退社の挨拶とは
入社の挨拶は新入社員の気持ちで
その転職に「失敗」を感じた時に「考えたいこと」と「実践してみたいこと」

 - 退職・入社

  関連記事

しっかりとした計画から生まれる円満退職

円満退職のスケジュールとは  どのタイミングで何をどうすれば円満退職となるのか、 …

ベストな退社の挨拶とは

気持ちのこもったお礼を忘れずに  挨拶というのは、それがどんな場であれば、気持ち …

入社の挨拶は新入社員の気持ちで

初々しさで好印象に  新しい環境に足を踏み入れることは、誰にだって不安が伴います …

その転職に「失敗」を感じた時に「考えたいこと」と「実践してみたいこと」

割り切れるなら割り切りましょう  転職したことが失敗だったと感じた時、すぐに後悔 …